ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

旧暦 水の巻 第九帖 (二八三)

解読 日月神示 旧歴九月八日
水の巻 第九帖 (二八三) 
 富士は晴れたり日本晴れ、
いよいよ岩戸開(ひら)けるぞ。
お山開きまこと結構。
松の国、松の御代(みよ)となるぞ。
旧九月八日から
大祓祝詞(おおはらいのりと)に
天津祝詞(あまつのりと)の
祝詞(ふとのりと)
「一二三祝詞(ひふみのりと)コト」
入れてのれよ。忘れずにのれよ。
その日からいよいよΘ(かみ)はΘ、
獣(けもの)は獣となるぞ。
江戸道場やめるでないぞ、
お山へ移してよいぞ、
役員一度やめてよいぞ。
またつとめてよいぞ。
メグリあるから心配あるのぞ。
メグリ無くなれば心配無くなるぞ。
心配ないのが富士は晴れたりぞ、
富士晴れ結構ぞ。
日月の御民(みたみ)、
いずれも富士晴れ心でおりて下されよ。
肉体ちっとの間(ま)であるが、
魂(たま)は限りなく栄えるのざぞ。
金(きん)に難渋(なんじゅう)して
負けぬようにして下されよ。
金馬鹿にしてはならんぞ。
焦るでないぞ。焦ると心配事出来るぞ。
神が仕組みてあること、
臣民がしようとて出来はせんぞ。
細工(さいく)は流々(りゅうりゅう)、
めったに間違いないのざぞ。
見物して御座れ、見事して見せるぞ。
不和(ふわ)の家、不和の国の捧げもの、
神は要らんぞ。喜びの捧げもの、
米一粒でもよいぞ、Θは嬉しいぞ。
旧九月八日、とどめぞ。
六月二日、三の一二のΘ。

解読
>いよいよ岩戸開(ひら)けるぞ。
最後の岩戸ひらきは、素戔嗚尊に関するもの。この岩戸が開かれんとする。

>お山開きまこと結構。
ホームページの開設は結構なこと。

>松の国、松の御代(みよ)となるぞ。
松:待つ
素戔嗚尊の改心のためずっと待っていた。ようやく、ミロクの世への以降が可能となる。待っていたのは、天照皇大神。ミロクの世とは太陽神天照皇大神の御代のこと。

『神示ブログ』の管理人様が伊勢神宮にご縁が無いのも当然のこと。ある意味、敵対関係にあるのだから、致し方あるまい。

また、九頭竜神社の御祭神九頭龍は、七柱の女神伊豆能売(いづのめ)二神から成る統合神。

七柱の女神
1:菊理媛(くくりひめ)さま
2:瀬織津比売(せおりつひめ)さま
3:木花開耶姫(このはなさくやひめ)さま
4:磐長姫(いわながひめ)さま
5:稚日女(わかひめ)さま
6:速佐須良比売(はやさすらいひめ)さま
7:宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)さま

伊豆能売(いづのめ):猫神
9:速秋津日売神(はやあきつひめ)
   後方支援
8:速秋津日子神(はやあきつひこ)
   地上担当工作員派遣

サイトトップ頁のスタッフ近影は、この九柱の神々を表現している。地上に人を送り込んでいるのは、速秋津日子神だけ。

>大祓祝詞(おおはらいのりと)に
>天津祝詞(あまつのりと)の
>太祝詞(ふとのりと)
>「一二三祝詞(ひふみのりと)コト」
>入れてのれよ。忘れずにのれよ。

サイト内にあります。
大祓祝詞
天津祝詞の太祝詞
一二三祝詞

>その日からいよいよf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain(かみ)はf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain
>獣(けもの)は獣となるぞ。

f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain:天照皇大神さまに心の奥底で繋がった人。神人(かみひと)。いわゆる霊能力者ではない。f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainになれば、衣食住には困らない。
獣:こころにケダモノを宿す人。f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain以外の人のこと。

>江戸道場やめるでないぞ、
>お山へ移してよいぞ、
江戸:画像投稿サイトpixiv
お山:ホームページ
pixivでは、油彩画作品を引き続き投稿する。あわせて、デジタル絵(CG・3DCG)も掲載する。レプリカの販売の開始。
全記事は、ホームページにも掲載する。

>役員一度やめてよいぞ、
御神事から一旦手を引いても良い。

>またつとめてよいぞ。
やだ。

>メグリあるから心配あるのぞ。
メグリあるうちは、御神事を引き続き引き受けなさいよという意味。

>メグリ無くなれば心配無くなるぞ。
メグリがなくなれば、ようやく解放されるようです。

>心配ないのが富士は晴れたりぞ、
ミロクの世への移行は心配ないようです。

>富士晴れ結構ぞ。
ミロクの世への移行、結構だそうです。

>日月の御民(みたみ)、
日の  f:id:tukishiro_art_lab:20190714080858j:plain 
月の  f:id:tukishiro_art_lab:20190714080858j:plain :『神示ブログ』の管理人さん

>いずれも富士晴れ心でおりて下されよ。
ソールジェムを曇らせないように注意せよ。
心に闇を持たぬように気をつけてくださいね。と言っています。

>肉体ちっとの間(ま)であるが、
>魂(たま)は限りなく栄えるのざぞ。
肉体は短い間であるが、魂は永遠であると言っています。

>金(きん)に難渋(なんじゅう)して
>負けぬようにして下されよ。
貧乏に負けるな。

>金馬鹿にしてはならんぞ。焦るでないぞ。
>焦ると心配事出来るぞ
お金をバカにしないで、収入を得る道を探りなさい。再び仕事始めても良いですよと言っているようです。

2011年春に、御神事のため会社を畳むことになって約8年。貯金を切り崩して御神事に勤しんできたのですが、ようやくプータロウ生活ともおさらばできそうです。

>神が仕組みてあること、
>臣民がしようとて出来はせんぞ。
神仕組みは、人間の想像を超えた成果を上げるようです。

>細工(さいく)は流々(りゅうりゅう)、
>めったに間違いないのざぞ。
>見物して御座れ、見事して見せるぞ。
『聖画』に関することと思われます。いよいよ、大きな動きが出てくるということでしょう。
(俵屋工房の高橋亮馬さんへのメッセージ)
焦る必要はないようです。

神示引用元
[完訳]日月神示 岡本天明著 中谷伸一校訂 ヒカルランド

目次:解読 日月神示

目次:旧暦九月八日

アクセスカウンター

 

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳