ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

上つ巻 第五帖(五)

解読 日月神示
上つ巻 第五帖(五)
 富士とはf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの山のことぞ。
神の山はみな富士と言うのぞ。
みはらし台とは、身を張らすとこぞ、
身を張らすとは、
身の中を神にて張るとこぞ。
臣民の身の中に一杯に
f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの力を張らすことぞ。
大庭(おにわ)の富士を探して見よ、
f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの米が出て来るから、
それを大切にし。
富士を開くとは心にf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainを満たすことぞ。
ヒムカとは神を迎えることぞ、
ヒムカはその使いぞ。
ヒムカは神の使いざから、
この道を早う開いてくれよ、
早う伝えてくれよ、
ヒムカのお役は人の病を治して
f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの方へ向けさすお役ぞ、
この道をよく心得て
間違いないように伝えてくれよ。
六月の十四日、f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainつくのか三。

解読
>富士とはf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの山のことぞ
山:ブログ、ホームページ f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain:神示

>身を張らす
情報発信をする。

>大庭(おにわ)の富士
 ご自分のブログ

>f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの米が出て来るから、それを大切にし。
神示についてのコメントが来るから、それを大切に。

>富士を開くとは心にf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainを満たすことぞ。
ブログを、神示に関する情報で満たすこと。

>ヒムカは神の使いざから、
>この道を早う開いてくれよ、
日向は神の御使い(みつかい)。
ブログで神示の説く道を伝えてくださいね。
神示の説く道を伝えるブログを立ち上げてね。

>ヒムカのお役は人の病を治して
>f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの方へ向けさすお役ぞ、
ソールジェム(魂のコア)の曇を晴らすお役目。
人々を日月神示の説く道へ誘うお役目。神使。

*神示の説く道
人類補完計画:神と人が一体となり、神人となる道。
魂の錬金術:魂を結晶化しソールジェムへと昇華する道。
ソールジェムを持つ人:肝の座った誠の人。
『いつきの道』:心身の汚れを去り神に仕える道
『とつぎの道』:文明を創造し経営してゆく道

神示引用元
[完訳]日月神示 岡本天明著 中谷伸一校訂 ヒカルランド

目次:解読 日月神示

目次:上つ巻

アクセスカウンター

 

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳