ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

エリオット波動と株価予測

エリオット波動

 エリオット波動(Elliott Wave)とは、米国の経済哲学者であるラルフ・ネルソン・エリオット氏が確立した分析理論です。エリオット波動の基本形は、上昇5波・下降3波です。例えば相場が上昇トレンドの場合、5つの波動を描いて上昇し3つの波動を描いて下降します。

 

 相場にはパターンがあり一定のサイクルを繰り返しながら動いていくというエリオット氏の理論によって確立されました。現在では、多くのトレーダーが相場の方向性を予測するために利用する分析方法の一つです。

 

エリオット波動の基本形は「上昇5波・下降3波」

 エリオット波動の基本形は、「上昇5波・下降3波」です。まずは、以下の画像を御覧ください。

 

f:id:tukishiro_art_lab:20210306083151p:plain

 

 上記の画像は、上昇トレンド時のエリオット波動です。1から5の上昇は「推進波」、AからCの下降は「調整波」と呼びます。相場の分析をする際は、今どの位置に価格があるのかを把握することで、今後の値動きを予測しやすくなります。

 

エリオット波動の3原則

エリオット波動には、以下の3原則があります。

 

原則1:上昇3波は上昇1波と上昇5波よりも短くならない

原則2:上昇2波が上昇1波を下回ることはない

原則3:上昇4波が上昇1波の高値を下回ることはない

 

 上記原則を満たしていれば、エリオット波動が成立しその後の調整波を予測しやすくなります。ただし、上記原則を満たしていても必ずしもエリオット波動の値動きになるとは限らないので、注意しましょう。

 

フィボナッチリトレースメント

推進波

1波が基準になる

2波・・・1波の61.8%を基準

3波・・・1波の161.8%、又は261.8%を基準

4波・・・3波の38.2%を基準

5波・・・1波の161.8%(3波の61.8%)を基準

 

調整波

a波が基準になる

b波・・・a波の61.8%を基準

c波・・・a波の161.8%を基準

 

アクセスカウンター

↓↓↓ 宜しければ「ポチッ」とお願い致します。

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳