ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

解かれたニギハヤヒの封印 12

津島神社の五重の三角陣結界

この絵馬は表裏一体として描かれている。

 

市販の無垢の絵馬を使っている。

 

表に描かれているイラストは東方プロジェクトの博麗霊夢

 

博麗神社の巫女の絵。

 

他にはタイトルと和歌、そして神社名と御朱印が添えられている。絵馬に日付はないが、2014年春のお祭りの終了後から掛けられていたのを確認している。

 

裏には津島神社の五重の三角陣結界のタイトルと供に、図形が2つ添えられている。

 

左隅に博麗神社の文字と博麗霊夢御朱印(絵馬に直接描いている)

 

三四五の結界

ここには、四つの直角三角形と一つの正三角形が描かれている。

 

直角三角形の3辺の比率は皆同じで、3:4:5の比率になっている。

 

これは、いままで検証してきた三四五の三角陣結界と同じもの。

 

三四五

この比率の三角系を使った測量方法は、いまでも住宅や店舗併用住宅等の建設現場内で直角を求める直角出しの際に簡易的に使われる方法。

 

三四五(さんしご、さんしこ、さしご)などと呼ばれている。

 

三四五(さしご)は、古の昔から良く知られている測量方法。

 

五度の岩戸締め

結界から連想されるのは日月神示に出てくる『五度の岩戸締め』。


これは、『日月神示』の五十黙示録 第二巻 碧玉之巻 第十帖に出てくる。


まとめると次のようになる。


くわしくは原典に当たっていただけると良いかと思う。

 

1度目の岩戸締め

伊邪那岐命伊邪那美命が別れ別れになった時

 

2度目の岩戸締め

天照大神の岩戸閉めでダマシタ神がお出ましの時

 

3度目の岩戸締め

素盞鳴命に総ての罪をきせてネの国に追ひやった時

 

4度目の岩戸締め

人皇を名乗った神武天皇の時

 

5度目の岩戸締め

仏教と共に仏魔がわたり来た時

 

六番目の三四五の三角陣結界

日月神示で語られている五度の岩戸締めと、津島神社の五重の三角陣結界がなんらかの関係がありそう。

 

しかしこれで、全部なのだろうか?

 

次回は、もう一つの三四五の三角陣結界の存在を明らかにしよう。

 

つづく

 

参考図書


f:id:tukishiro_art_lab:20190707161604j:plain [完訳]日月神示
 岡本天明
 中谷伸一 校訂
 ヒカルランド

 

 

 

f:id:tukishiro_art_lab:20190713100533j:plain

 東方プロジェクト
 幻想人形演舞
 RPG FocasLens

 

 

 

 

ニギハヤヒの暗号 目次

アクセスカウンター

↓↓↓ 宜しければ「ポチッ」とお願い致します。

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳