ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

画材研究

古典技法の研究

 

油彩画の技術は、15世紀のフランドル地方ですでに確立されていました。欧州にペストが蔓延し、人口の三分の一が失われた後に、日本から数多くの南朝系の皇統奉仕衆がベネルクスに移住しています。

 

この時、日本で既に完成されていた漆絵の技法が欧州に持ち込まれました。漆職人たちは、漆の代わりになる材料としてストラスブルク・ターペンタインを見つけ出しました。この時に、漆絵の技法を元に油彩画の技法が生み出されたのです。

 

ここでは、古典技法に基づく支持体の制作や、メディウムの制作を通して油彩画の新たな可能性を探り出します。

 

 目次:工房

アクセスカウンター

↓↓↓ 宜しければ「ポチッ」とお願い致します。

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳