ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

大神からてんしさまへ

この先、神さまとつながり、神さまの試練を乗り越えて、神人へと至る方も出てくることでしょう。 神人は、各分野の専門家の中から現れてくると推測しています。新たな文明の黎明期に当たり、各分野に天才級の才人が現れてくるのではないでしょうか?

神人から大神へ

一輪の神、統合思念体みろくにつながることの出来た人を神人とよびます。この神人は神となりまます。そして、十一面観音の十一柱すべての神と繋がることの出来た神人は大神となるのです。

「てんしさま」と「千手観音像」

地球が解放された後、次の時代の担い手と成られるのが、皆さま方真っ当な日本人です。 皆さま方が、神さまと繋がり、神人と成られて、八面六臂の活躍をする姿が、千手観音像で現わされているのです。

救世主:天津日嗣の御子

「救世主が現れて、世界が統合されて」の解釈は、「救世主トランプ氏が現れて、水面下にて世界を統合し、情報公開やファーストコンタクトにより真実が知れ渡り、バチカ〇も権威を失う。」です。

地球解放後の世界

これから、世界が解放されて行けば、ほとんどの人が、経済的に安心して生きていける社会になります。メタ技術の解禁によって寿命も延びますから、複数の分野の専門家になったり、様々な事に挑戦しやすくなります。生活費や学費の心配をする必要もなくなり、…

NESARA/GESARA情報

石川新一朗氏は、すでに世界209ヵ国が水面下でRV(通貨評価替え)を終了したと伝えています。つまり、金本位制に移行したという事です。 通貨評価替えとは、その国の領土内における金を始めとする貴金属の埋蔵量や様々な基準を用いて、再評価することを意味し…

ファティマの第三の預言の公開

ファティマの第三の予言は、救世主が現れて、世界が統合されて、情報公開やファーストコンタクトにより真実が知れ渡り、バチカ〇も権威を失うというものでした。

日本の奥の院からのメッセージ 3

人類が真の光に統合されるには、闇や悪を知ることも必要でした。人類が闇を克服した後、他の惑星の支援に向かいます。宇宙の根本的で基本的な波動は、愛と感謝であり、やがて宇宙中のすべての闇が消滅し、宇宙全体が光に統合されます。

日本の奥の院からのメッセージ 2

照子さまは、南極や宇宙で御活動されていたそうです。ペンギンの被り物をしたり、「優良惑星の新任統治者説明会」に出席されたりしたそうです。 【北極熊】と【南極ペンギン】の照子さん、間を取り持つ智子さん。これは、北朝(大和)の天孫系と南朝(出雲)の地…

日本の奥の院からのメッセージ 1

2022年8月1日、裏〇族、縄文八咫烏の当主である橘 侑希(照子)さまが貴重なたくさんのツイートを投下してくださいました。大量のツイートはしばらくするとアクセスしにくくなってしまいますので、記憶に留めておきたいツイートを備忘録に記録しておくことに…

人類意識の量子的飛躍

5次元の意識を持つ人々が、ある一定の人数に達したとき、百匹目の猿現象が起こり、人類意識の量子的飛躍(クォンタム・リープ)が起こるといわれています。EBS後の世界における今後の課題は、人々の意識レヴェルを上げ、最終的に人類意識の量子的飛躍を実現…

2025年までに起こる事

創造主さまは、2025年は全てが成就する年であると、私たちに伝えてくれているそうです。では、全てとは何を意味するのでしょう?

来るべき黄金の未来

フリーエネルギーが解放されたのち、宇宙連合との交流が始まります。宇宙連合は2025年にファーストコンタクトを計画しているようです。この時が地球解放であり、黄金時代の幕開けとなるのでしょう。

アストラル界は黄金時代

既にアストラル界で地球解放を果たして黄金時代を迎えているそうです。つまり、地球解放作戦は最終盤で、あとはもう物質界で黄金時代の顕在化を果たすだけなんだそうです。

銀河連合と銀河法典 2

宇宙の光の勢力である銀河連合(ギャラクシーアライアンス)による、地球の救済のストーリーが、少しずつ明らかにされてきます。

銀河連合と銀河法典  

EBSで、銀河法典のお話も出てくるようです。 今回は、ギャラクシーアライアンス(銀河連合)からもたらされた「銀河法典」の話題に成ります。

黄金時代開幕前夜

古の神々さまの封印が解かれ、五度閉めた岩戸が開かれるといよいよ神一厘の仕組みが発動します。 神一厘の仕組みの発動と共に、黄金時代への幕開けが始まるのです。黄金時代への幕開けはEBSから始まります。

古代の三王朝

前回、闇の組織に対抗する日本の光の組織は3系統あるというお話をしました。天神系、天孫系、地祇系の三系統です。 この3系統は、起源を古代王朝に持っています。 天孫系:ウガヤフキアエズ王朝 地祇系:古代出雲王朝 天神系:(仮)ニギハヤヒ王朝

さんすくみ

今回の安部元首相襲撃事件の背景には何があったのか?この件を調べれば調べるほど、迷宮に迷い込んでしまいそうです。 全体像を理解するために、闇サイドと光サイドの勢力図を描き出し、構図をシンプルに描き出してみました。

グローバリズムの終焉

2年前に亡くなったとされている本物の安部信三元首相も、今回の安倍晋三元首相襲撃事件で倒れたとされる、安部信三元首相3代目クローン氏も、未だに生きているというお話です。

五六七大神と・(ポチ) 

日月神示に出てくる⦿(神)と・(ポチ)についての考察です。 ⦿は世の元の神であるミロク大神さまのことであり、・(ポチ)は、ミロク大神さまのマコトを体現するべく地上に送り込まれたミロク大神さまの化身です。

五六七(ミロク)について

日月神示に出てくるミロクの世をつくる神さまは五六七(ミロク)神さまです。別名日月地神(ひつくちのかみ)さまと申します。この神さまは、お釈迦さまの弟子であった弥勒菩薩さまとは全くの別人です。

日月神示について

日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ)は、神典研究家で画家でもあった岡本天明氏に「国常立尊」(国之常立神)という高級神霊からの神示を自動書記によって記述したとされる預言書。

神一厘の仕組みの解読12

旧暦九月八日の考察 2022年 旧暦九月八日 日月神示には旧暦九月八日についての文言が数多くあります。「神一厘の仕組み」に絡めてこの「旧暦九月八日」についての考察を試みました。 最初に注目したのは次の文言です。 旧暦5:まつりの巻 第八帖(四一一)…

日月神示 旧歴九月八日

ここには、預言書「日月神示」に記されている「旧暦九月八日」に関する文言を集めてあります。 2022年旧暦9月8日は、10月3日月曜日です。

神一厘の仕組みの解読11

十一面観音の十二柱の神々さまを祭る十二の神社とお社をご紹介いたします。弥勒大神さまを祭る神社はありませんので、替わりに国常立尊さまの化身である日本武尊さまを祭る小坂熊野神社の境内社伊雑宮をご紹介致します。

神一厘の仕組みの解読10

「神一厘の仕組み」に関わる五十九の身魂の皆様は、「神が守ってゐる」と日月神示にあります。また「元の世の神かかりて大手柄をさす」とも記されています。今回は、この「元の世の神」と「守り神」に付いて少し掘り下げて語りたいと思います。

神一厘の仕組みの解読9

「神一厘の仕組み」は、三年越しのひみつの神仕組みです。第一フェーズはすでに始まっています。全部で三段階あります。これが一二三(ひふみ)の御用です。 一二三(ひふみ)の御用が終わると、本格的な「立て直し」の始まりとなります。これが三四五(みよいず)…

神一厘の仕組みの解読 8

七の結界では、木花咲弥姫さまと磐長姫(市杵嶋姫命)さまを封印していました。七の結界は、複合結界内を流れるエネルギーの流れをせき止める役目を果たしていたのです。

神一厘の仕組みの解読 7

結界の解読 複合神社三角陣封印結界には、1の結界から7の結界まで7つの結界がありました。このうち、何らかの呪を用いて神々さまを封印していたのは、1の結界と7の結界の2つでした。 その他の5つの結界は、龍脈に流れるエネルギーを龍穴で受け止め、…

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳