ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

国常立尊

宇宙創造神の誕生

今回、宇宙創造神となられるのは、素戔嗚尊さまです。神大市比売さまはその補佐役です。地上において、てんしさまとなられるのは素戔嗚尊さまの転生者さまです。という結論に達してしまいました。

人の失敗の修復作業

今回の7度目のアセンション計画において、すでに二度の時間遡行が行われています。何らかの失敗ゆえに、地球の時間を巻き戻してやり直しているのです。 3度目の時間遡行は不可能だとアリオンは云います。それゆえ今回は失敗するわけにはいかないのです。

聖書とホツマツタエの神々さま

一神教の神さまは、複数いらっしゃいます。闇サイドが二柱、光サイドが二柱、そして審判役が一柱です。 ヤハウェは審判役であり、どちらかがやりすぎてしまった場合に、大洪水を起こし文明をリセットする役目です

タルタリア帝国の失敗に関する考察 

なぜタルタリア帝国は失敗したのか? タルタリア帝国は、フリーエネルギーを手に入れながら、何故地球を解放しアセンションすることが出来なかったのか?という問いに対する回答です。

女性性の時代:女神の時代

水瓶座(アクエリアス)の時代は女性性の時代だといわれています。邪神統治下にあった男性性原理に基づく男尊女卑の時代に終わりを告げ、女尊男卑の時代となるのでしょうか?

国常立尊さまの3つの課題 3-5

3つの課題において、人類がアセンションするにふさわしいか否かを問われているように思います。 国常立尊さまのような苛烈な性格を持つ、数多の神々が誕生してしまっては、困るのです。

国常立尊さまの3つの課題 3-4

国常立尊さまの三つの課題 この課題は、神の王である弥勒大神さまから、国常立尊さまに対して与えられた課題でした。人と共にこの課題について、深く考察してみよというお題です。

国常立尊さまの3つの課題 3-2

3つ目の課題の要点は、黄金時代を迎えた世界における3次元の星の概要を描き、神と人類、地獄霊共々、霊性進化の道を歩むことの出来るシステムを想像せよというところにあります。

国常立尊さまの3つの課題 2-1

国常立尊さまの2つ目の課題は次の通りです。 2:人類意識の量子的飛躍に至る道筋を描け。 今回の課題の要点は、生存している全ての人類を地球の次元上昇と共に黄金の未来へと導けということにあるのです。

国常立尊さまの3つの課題 1-3

国常立尊さまの封印されている場所を特定し、国常立尊様の御神体を全て融合させて完全体へと復活させよ。 この課題を解くことにより、三つ首の古龍(キングギドラ)は鳳凰へと昇華します。この鳳凰が人類の覚醒の鍵を握っているのです。

国常立尊さまの3つの課題 1-2 

国常立尊さまの封印 覚醒の仕組みである富士の仕組みを構成する八つの三角陣結界と一七のお社に、国常立尊さまが封じられていたのです。 封印の解かれた国常立尊さまの御神体は、最終的に草薙神社に集められ、完全体へと復帰されたのです。

国常立尊さまの3つの課題 1-1

覚醒の仕組みの発動 覚醒の仕組みである富士の仕組みの発動条件は国常立尊さまの3つの課題に回答を提示することでした。 回答はあくまでも人間サイドによる最善のシナリオであり、現実とは異なりますが、その回答に愛があるか否かが問われているのです。

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳