ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

上つ巻 第二帖(二)

解読 日月神示
上つ巻 第二帖(二)
 親と子であるから、
臣民は可愛いから
旅の苦をさしてあるに、
苦に負けてよくもここまで
おちぶれてしもうたな。
鼠(ねずみ)でも三日先のことを
知るのに、臣民は一寸先さえ
わからぬほどに、よくも曇りなされたな、
それでもf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの国の臣民、
天道人を殺さず、
食べ物がなくなっても死にはせぬ、
ほんのしばらくぞ。
木の根でも食うておれ。
闇のあとには夜明け来る。
神は見通しざから、心配するな。
手柄は千倍万倍にして返すから、
人に知れたら帳引きとなるから、
人に知れんように、
人のため国のため働けよ、
それがまことのΘの臣民ぞ。
酒と煙草も勝手に作って
暮らせる善き世になる、
それまで我慢出来ない臣民沢山ある。
早くf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの神の申す通りにせねば、
世界を泥で海にせねばならぬから、
早うf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain神心になりてくれよ、
神頼むぞよ。
盲が盲を手を引いて、
何処へ行くつもりやら、
気のついた人から、
まことの神の要れものになりてくれよ。
悪の楽しみは先に行くほど
苦しくなるから、
初めは辛つらいなれど、
先を楽しみに辛抱してくれよ。
配給は配給、統制は統制のやり方、
神のやり方はf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの光、
臣民ばかりでなく、
草木も喜ぶやり方ぞ、
日の光はf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの心ぞ。
いざ人の知恵で一つでも善きことしたか、
何もかも出来損ないばかり、
にっちもさっちも
ならんことにしていても、
まだ気がつかん、盲には困る困る。
救わねばならず、助かる臣民はなく、
泥海にするは易(やす)いなれど、
それではf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの神様に済まず、
これだけにこと分けて知らしてあるに、
聞かねばまだまだ痛い目を
見せねばならん。
冬の先が春とは限らんぞ。
f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの国を八つに切って殺す悪の計画、
f:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの国にも外国の臣(しん)がおり、
外国にもf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plainの子がいる。
岩戸が開けたら人にわかる。
六月の十日、書は、ひつくのか三。
てんめ御苦労ぞ。

解読
最後の天明さまに対する一連のメッセージです。
>苦に負けてよくもここまでおちぶれてしもうたな。

>天道人を殺さず、
>食べ物がなくなっても死にはせぬ、

>ほんのしばらくぞ。

>木の根でも食うておれ。
しばらく、御神事に専念する必要に迫られるのかもしれません。

 

>盲が盲を手を引いて、どこへ行くつもりやら、

>泥海にするは易(やす)いなれど、
すべてをぶち壊して一から作り直すのは簡単なのですが、それではここまでの文明を連綿と築き上げてきた神様に対して大変申し訳ないでしょうと言っています。

 

これは、神示ブログ(「世界は変わるブログ」)に集う人たちに対するメッセージかと思われます。
>気のついた人から、
>まことの神の要れものになりてくれよ。
>早うf:id:tukishiro_art_lab:20190714080557j:plain神心になりてくれよ、神から頼むぞよ。

神示引用元

[完訳]日月神示 岡本天明著 中谷伸一校訂 ヒカルランド

目次:解読 日月神示

目次:上つ巻

アクセスカウンター

 

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳