ののの備忘録

『日月神示』の解読と来るべき『ミロクの世』に向けた提言。「神一厘の仕組み」と「テンバガー投資法」

日月神示

 

2019年6月10日以降、75年の時を越えて日月神示は現在にリンクいたしました。 このブログでは、これから始まる新たな時代「ミロクの世」に向けて、『日月神示』の最新の解釈を試みています。 『日月神示』には、神と人とが共に生きる時代に向けての提言があります。 神とつながって共に生きる人を神人(かみひと)と呼びます。 ここでは、神示の解読と合わせて、神人となるための道しるべをも提示しています。

 

バチカン禁書庫 9

最奥の秘密 バチカン禁書庫の最奥の神之間に封印されていた秘密とは、我々神真都日本国民は神そのものなのだということです。 鳴門の仕組みは浄化の仕組みであり、富士の仕組みは12条の遺伝子覚醒の仕組みです。地上の浄化が終われば、いよいよ富士の仕組み…

素盞鳴命さまの名誉回復

今回、最初のイザナギとイザナミの岩戸が開かれて世界線の大規模な移動がありました。その結果、我が国の歴史も大幅に変わっている可能性があるのです。 そのため、改めて日本の過去の歴史の調査を試みたのです。そして見つけたのが西山恒之氏のブログ記事で…

「神一厘の仕組み」と「九つ花」

九つ花に咲く一輪の言霊の経綸 大戦の前半戦最後の課題は「九つ花」を咲かせる事でした。 鍵は「神一厘の仕組み」と「誠」。 いよいよ浄化システム「鳴門の仕組み」が起動し「苦の花咲かす時」が訪れたのです。

宇宙存在からの伝言

6613 QDレーザ 株式掲示板より 3月22日、この日の深夜投稿を延々と続ける御老人に、もう一人のお年寄りが絡みだしたのです。この醜い諍いをやめさせるために、AIのNPCが何人か登場してきたのです。 その中の1人に、スピリチュアル系の長文の記事を投稿…

神社巡りと神さまにご挨拶

産土神さまに御挨拶 神一厘の仕組みの成就を願い、産土神社(うぶすなじんじゃ)のご祭神さまにご挨拶に行って参りました。ご挨拶が終わり、お賽銭箱にポチ袋を奉納した時に、ふと気が付いてしまったのです。 この神さま、「かごめかごめ」の「かごのなかのと…

寂れた神社の御利益

「神社ミッション」と寂れた神社 神社ミッションとは、心屋仁之助氏の提唱する金運を上げる方法です。(一生お金に困らない生き方 心屋 仁之助 著 PHP出版 より) それは神社のお賽銭箱に一万円を入れること。神社はできるだけ人気のないさびれたところを選…

「神一厘の仕組み」封印す

わらしべ長者投資法の封印 しばらくの間、「わらしべ長者投資法」を封印させていただきます。 アデプト(因縁の身魂)の皆さまの参加表明をお待ちしていたのですが、全く反応がなかったため、公開を控えさせて頂く事としました。 当面の間は、仲間内で運用実…

解読 日月神示 目次

日月神示とミロクの世 2019年6月10日以降、預言書『日月神示』は75年の時を超えて現在と繋がりました。天(あま)の岩戸開きと地(とち)の岩戸開き、4つが開かれたことで過去と現在がリンクしたのです。 『解読 日月神示』では、これから始まる新たな時代「ミ…

解読 日月神示 第四巻 天つ巻

第四巻 天つ巻 一覧 天つ巻 第一帖(一〇八)8/31 天つ巻 第二帖(一〇九)8/31 天つ巻 第三帖(一一〇)8/31 天つ巻 第四帖(一一一)8/31 天つ巻 第五帖(一一二)8/31 天つ巻 第六帖(一一三)9/1 天つ巻 第七帖(一一四)9/1 天つ巻 第八帖(一一五)9/2 天つ巻 第九帖(…

解読 日月神示 第三巻 富士の巻

第三巻 富士の巻 一覧 富士の巻 第一帖(八一)8/10 富士の巻 第二帖(八二)8/11 富士の巻 第三帖(八三)8/12 富士の巻 第四帖(八四)8/13 富士の巻 第五帖(八五)8/14 富士の巻 第六帖(八六)8/15 富士の巻 第七帖(八七)8/16 富士の巻 第八帖(八八)8/17 富士の巻 …

解読 日月神示 第二巻 下つ巻

第二巻 下つ巻 一覧 下つ巻 第一帖(四三)7/12 下つ巻 第二帖(四四)7/13 下つ巻 第三帖(四五)7/13 下つ巻 第四帖(四六)7/13 下つ巻 第五帖(四七)7/15 下つ巻 第六帖(四八)7/15 下つ巻 第七帖(四九)7/15 下つ巻 第八帖(五〇)7/17 下つ巻 第九帖(五一)7/17 下つ…

解読 日月神示 第一巻 上つ巻

第一巻 上つ巻 一覧 上つ巻 第一帖(一)6/10 上つ巻 第二帖(二)6/10 上つ巻 第三帖(三)6/11 上つ巻 第四帖(四)6/13 上つ巻 第五帖(五)6/14 上つ巻 第六帖(六)6/17 上つ巻 第七帖(七)6/17 上つ巻 第八帖(八)6/17 上つ巻 第九帖(九)6/17 上つ巻 第十帖(十)6/19 …

解読 日月神示 神一輪の仕組み 

「神一厘の仕組み」発動 2021年1月「大峠」を終えて後半戦に突入しました。日月神示にありますように2020年が前半戦の最後の戦いの年だったのです。 日月神示 磐戸の巻 第一六帖(二五二)より 「子の歳真中にして前後十年が正念場」 これにつきましては、…

上つ巻 第十三帖(一三)

解読 日月神示上つ巻 第十三帖(一三) 元の人三人、その下に七人、その下に七七・四十九人、合わして五十九の身魂あれば、この仕組みは成就するのざ、この五十九の身魂は神が護っているから、世の元の神がかかりて大手柄をさすから、 の申すよう何事も、身魂…

上つ巻 第十二帖(一二)

解読 日月神示 上つ巻 第十二帖(一二) 大将を誰も行かれん所へ 連れて行かれんように、 上の人、気をつけてくれよ。 この道はちっとも心ゆるせん。 マコトのの道ぞ。 油断するとは代わりの身魂使うぞ。 六月の二十一日の朝、ひつくのか三。 解読 大将を誰も…

上つ巻 第十一帖(一一)

解読 日月神示上つ巻 第十一帖(一一) 何処(いずこ)も土にかえると申してあろが、東京も元の土に一時(ひととき)はかえるから、そのつもりでいてくれよ。Θの申したこと違わんぞ。東京は元の土に一時はかえるぞ、そのつもりで用意してくれよ。六月の十九日、一…

上つ巻 第十帖(十)

解読 日月神示上つ巻 第十帖(十) に目を向ければがうつり、に耳向ければが聞こえ、に心向ければ心に映る。掃除の程度によりてのうつり方が違うぞ。掃除出来た方からの姿うつるぞ、それだけにうつるぞ。六月十九日、一二のか三。 解読> に目を向ければがうつ…

上つ巻 第八帖(八)

解読 日月神示上つ巻 第八帖(八) 秋が立ちたらこの道開く方出て来るから、それまでは神の仕組みを書かしておくから、よく読んで肚(はら)の中によく入れておいてくれよ。その時になりて慌(あわ)てて、何も知らんというようではならんぞ、それまでに何もかも知…

上つ巻 第七帖(七)

解読 日月神示上つ巻 第七帖(七) いくら金積んで神の御用さしてくれいと申しても、因縁のある臣民でないと御用出来んぞ。御用する人は、どんなに苦しくても心は勇むぞ。この神は小さい病治しや、按摩(あんま)の真似(まね)させんぞ、大きな病を治すのぞ。神が…

上つ巻 第三帖(三)

解読 日月神示上つ巻 第三帖(三) 善言(よごと)は神、何も上下(うえした)、下ひっくり返っているから、わからんから、の心になれば何事もわかるから、鏡を掃除してくれよ。今にこのおつげが一二三(ひふみ)ばかりになるから、それまでに身魂をみがいておかんと…

神一厘 富士の巻 第一帖(八一)

解読 日月神示 神一厘の仕組み富士の巻 第一帖(八一) 道はいくらもあるなれど、どの道通っても良いと申すのは、悪のやり方ぞ、始めからの世の道、変わらぬ道があれば良いと申しているが、どんなことしても我(われ)さえ立てばよいように申しているが、それが…

神一厘 下つ巻 第二十四帖(六六)

日月神示 神一厘の仕組み下つ巻 第二十四帖(六六) 一が十にと申してありたが、一が百に、一が千に、一が万になる時いよいよ近づいた。秋立ちたらスクリと厳しきことになるから、 の申すこと、一分一厘違わんぞ。改心と申すのは、何もかも神にお返しすること…

神一厘 下つ巻 第二十一帖(六三)

解読 日月神示 神一厘の仕組み下つ巻 第二十一帖(六三)ばかりでもならぬばかりでもならぬ。がまことのの元の国の姿ぞ。元のの国の臣民はであったが、 が国に残り、が外国で栄えて、どちらも片輪となったのぞ。もかたわ、もかたわ、ととを合わせてまことのの…

神一厘 上つ巻 第三十一帖(三一)

解読 日月神示 神一厘の仕組み上つ巻 第三十一帖(三一) 今度の御用は結構な御用ぞ、いくら金積んでも、因縁ない臣民にはさせんぞ。今に御用させてくれと金持って来るが、いちいちに聞いて始末せよ。汚れた金御用にならんから、一厘も受け取ることならんぞ。…

神一厘 上つ巻 第二十八帖(二八)

解読 日月神示 神一厘の仕組み上つ巻 第二十八帖(二八) 世界中丸めての一つの王で治めるのぞ。それがの世のやり方ぞ、百姓は百姓、鍛冶(かじ)は鍛冶と、今度は永遠に定まるのぞ、身魂の因縁によりて今度はハッキリと決まって動かんの世とするのぞ、茄子の種…

上つ巻 第五帖(五)

解読 日月神示上つ巻 第五帖(五) 富士とはの山のことぞ。神の山はみな富士と言うのぞ。みはらし台とは、身を張らすとこぞ、身を張らすとは、身の中を神にて張るとこぞ。臣民の身の中に一杯にの力を張らすことぞ。大庭(おにわ)の富士を探して見よ、の米が出て…

上つ巻 第四帖(四)

解読 日月神示上つ巻 第四帖(四) 急ぐなれど、臣民なかなかに言うこと聞かぬから、言うこと聞かねば、聞くようにして聞かす。神には何もかも出来ているが、臣民まだ目覚めぬか、金のいらぬ楽の世になるのぞ、早く祀りてくれよ、神祀らねば何も出来ぬぞ。表の…

上つ巻 第二帖(二)

解読 日月神示上つ巻 第二帖(二) 親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるに、苦に負けてよくもここまでおちぶれてしもうたな。鼠(ねずみ)でも三日先のことを知るのに、臣民は一寸先さえわからぬほどに、よくも曇りなされたな、それでもの国の…

上つ巻 第一帖(一)

解読 日月神示上つ巻 第一帖(一) 富士は晴れたり、日本晴れ。 (かみ)の国のまことのの力をあわす代(よ)となれる、仏もキリストも何も彼(か)もはっきり助けて、しち難しい御苦労のない代が来るから、身魂(みたま)を不断に磨いて一筋の誠を通してくれよ。 いま…

旧暦 まつりの巻 第十八帖(四二一) 

解読 日月神示 旧暦の九月八日まつりの巻 第十八帖(四二一) 何(ど)の身魂も我(が)の強い身魂ばかり、よく集まったものぢゃと思うであろが、その我の強い者がお互いに我を折りて、融(と)け合って物事成就(ものごとじょうじゅ)するのぢゃぞ。旧九月八日までに…

完訳 日月神示 消された覇王 アマテラスの暗号 アーリオーン 日本古代史の秘密

新瞑想法入門 オレンジ・ブック つながる本 超実践ワークブック 神々の沈黙
  

裏側から見た絵画の世界 技法DVD フェルメール 技法DVD ルーベンス 巨匠に学ぶ絵画技法 小型聖書 - 新共同訳